ICO Jurisdiction2018-01-31T10:28:10+00:00

世界、特に政府は、ICOを理解するのにまだまだ手間取っています。各国はICOを異なる方法で規制しています。自由に開放しているところもあれば、ICOを縮小し始めているか、または完全に禁止したものもあります。私たちは現在のICO規制の状況を把握しており、移行し始めざるをえなくなった時期に備えて準備しています。いつどのようにICOを立ち上げるかは重要です。私たちにはその手助けができます。

COのための最良の法的枠組み

各国はICOを異なった視点で見ており、ICO立ち上げの際の法的制度にそれぞれが取り組んでいます。これには、法律、手続き、そしてその間のもの全てについても理解することが必要です。これらの分野を理解することは重要ではありますが、あなたにとっては会社を立ち上げることが一番の焦点です。私たちに残りを託せば、どの法的枠組みがあなたのICOに最も適しているか、そしてどの国がICOに積極的か、そして大量の資本を引き付けているのかをお知らせることができます。

ICOに最適な国々

ICOをどのように扱っているかを見ると
いくつかの国が際立っています

シンガポ – ル – シンガポールには現在ICOに関する法規制がなく、ICOの監視措置を策定してはいますが、ICOを厳重に取り締まる予兆はありません。しかしながらそれはあなた自身が全てのリスクを負わなければならないということなので、注意が必要です。

エストニア – ICO規制は法律では言及されておらず、明確にICOを成功させた登録企業がいくつかあります。しかしながらEUの一員なので、仮想通貨取引に対する課税は、その取引の性質に関する国の法律によります。

スイス – スイスには、投資ファンドに関する法律や規制があります。CISAによるとスイスの金融市場監督局(FINMA)を通じて清算されない限り、投資を切り上げることができません。ですがFINMAに一旦登録すれば、後は問題ありません。しかしながら登録には時間と費用がかかるので、スイスはICOに開放されてはいますが、あなたにとっては最適でないかもしれません。

お問い合わせ